賃貸情報

最近の傾向としまして、安く買って安く貸す、床面積も狭く24平米で7000バーツというコンドもあります。
もちろんタイ人向けのコンドはとても安いですが、24平米の高層コンドはガラスで区切ってわざわざ1ベッドルームとしています。
パタヤセカンドロードにあるBaseやCentric Seaなども52平米で2ベッド、家賃は平均45000バーツ(お部屋のみ)となっています。利便性が良いのですが、コンドでは公には禁止されている民泊に利用している個人オーナーも多く、人の出入り、特に中国人が多いので公共設備が汚くなりがち、最近では民泊禁止の掲示板もおかれ、大々的な手入れも始まっているようです。

数年前は、シラチャーの物件が満室で、そのため家賃がどんどん値上がりしパタヤに移転される方々も多くいらっしゃいましたが、今ではシラチャーの賃貸物件も増え家賃も落ち着いたことから、再度シラチャーに引越しなさるかたも増えています。

よくある質問なんですが、パタヤに日本人が増えたために家賃が値上がりしているのでは?と聞かれます。いくら日本人が増えたとしても、パタヤでは未だロシア人や韓国人、中国人の割合が多く、日本人が少々増えたところで他の国籍の方々の割合がもともと多いので大した影響はありません。