賃貸契約について

<会社契約>
会社名義で契約し、毎月支払う家賃の領収書は納税証明を付けた正規のものを受け取ります。家主側にも法人会計処理が要求され、所得が税務署にばれることを嫌うため、契約可能な物件が限られてきます。
内税か外税かを前もって確かめておく必要があります。

<個人契約>
家主個人、あるいは家主側のエージェントと入居者の個人名義で契約します。ほとんどすべての物件と契約可能です。
家賃の振込みは会社からでも入居者の所得として処理される場合です。税金のやり取りは発生しません。